fseminar.com KGU
ゼミ・フェイスブック・サイト ゼミ・コミュニティ・サイト


ホーム  ニュースニュース投稿  研究室中継  フォーラム  活動履歴履歴を書く  ぜみブログぜみブログを書く  ぜみつぶつぶやく  アルバム写真を登録する  カレンダー予定を書き込む  ダウンロードダウンロード登録  リンクリンクを登録する  ツイッターでつぶやく  フェイスブック  モンハン部 




 

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
注目企画!
インフォメーション
コミュニティ
就職活動
メンバー
授業
福田哲也
サイト内検索

ブログ - 12月5日外来外科診療

12月5日外来外科診療

カテゴリ : 
日記 » 闘病日記
執筆 : 
Blogger's Avatar  2012-12-6 22:36

昨日12月5日水曜日は

「診断書」と「紹介状」の執筆依頼と
「痛み止めのレベルアップ相談」のため
ふたたび病院へ。



「診断書」は
職場の手続きのために。


「紹介状」は
痛み止めの受け取りだけでも
最寄りの病院でできるようにするために。

実は「紹介状」の件はずいぶん前に
主治医に依頼したんだけど

多忙で失念されていたらしく
昨日あらためて依頼。

「ああ。そうですか」

主治医は目を丸くして初耳の様子。
やっぱり失念してたのね。

父は一度目も二度目も
依頼の場面に同席していたので
多少おどろいたかも。

私は、はいはい毎度おおきに
ってな感じで慣れたものだけど。

 

でもこれは全面的に
主治医の責任にはできない。

患者を何人も抱える
大病院の有名医師であれば
仕方がないよ。

主治医のヒヨコ先生は
いつも加重労働で疲れた面もちだから
これを緩和する組織的な対応を
まずは整えないとね。


それはさておき「紹介状」は
今回のような痛み止め切れのヒサンな週末を
避けるためにどうしても必要。

また体調不良で
抗ガン剤投与も何度か流れているから
それを避けるためにも必要。

「診断書」「紹介状」とも
12月7日(金)までに用意してくれる
とのこと。

 今度は大丈夫だよね。


診察、最後に痛み止めの効果が
薄れてきているらしいことと
最近の症状を伝えると

痛み止め(麻薬)の
レベルアップをしてくれました。

またここ最近悩みの種になっている
「吐き気」について相談して
薬を処方してもらった。

いまのところ、
いずれも効いているようす。

今回処方してもらった薬は
最後に記します。



11月9日採血時の
腫瘍マーカー値も聞いてきました。
さらに最高値更新1352。

ここんとこずっと
右肩上がり。

主治医はそのグラフを見て

 「帰る前に採血と
 レントゲンを撮って
 いってください。

 それで次回
 抗ガン剤を投与するかどうか
 決めましょう」

とのこと。


なるほど。

意味するところは
なんとなくわかる。

 「わかりました」

と、父とふたり
診察室を後にした。


次回抗ガン剤投与予定は
明日12月7日(金)。



どうなることやら。

 

<腫瘍マーカー(CEA)の推移>
※正常値5以下

 

採血時期

マーカー値

2011年6月29日

46.1

(7月19日抗ガン剤“FOLFOX”開始)

8月19日

79.9

9月16日

11.7

10月15日

4.6

2012年1月13日

5.1

(2月6日癌原発巣切除)

2月22日

15.9

(3月23日抗ガン剤“TS-1”開始)

3月23日

126.1

(4月6日抗ガン剤“IRIS+BV”開始) 

4月20日 289.0

(6月1日抗ガン剤“アービタックス+FOLFIRI”開始) 

6月1日 180.5

(6月15日抗ガン剤“IRIS+BV”再開) 

7月27日 315.0
8月24日 676.0
10月19日 961.0

(10月26日抗ガン剤“アービタックス+FOLFIRI”再開) 

11月9日 1,352.0


 <処方薬>

■痛み止め
・オキシコンチン錠20mg(鎮痛剤・朝夕食後/1錠・14日分計28錠)
・リンゲリーズ錠60mg(鎮痛剤・毎食後/1錠・14日分計42錠)
※ロキソプロフェン錠60mgのジェネリック
・ネキシウムカプセル20mg(胃薬・就寝前/1カプセル・14日分計14カプセル)

■吐き気
・デカドロン錠0.5mg(朝夕食後/2錠・14日分計28錠)

■抗ガン剤副作用
・ミノマイシン50mg(感染症薬・朝夕食後/2カプセル・14日分計28カプセル)
・クリンダマイシンリン酸エステルゲル1%「サワイ」(発疹・1日2回/20g)
 

コメント


投稿者 スレッド
fukuda
投稿日時: 2012-12-7 8:52  更新日時: 2012-12-7 8:52
管理人
登録日: 2007-4-22
居住地:
投稿数: 4787
 痛み止め
一昨日の外来診療で
処方してもらった痛み止めの麻薬
オキシコンチン錠は

一錠5咫3錠(計15咫防用から
一錠20咫1錠(計20咫防用へと
5喇用量が増えた。

疼痛時に服用する(とんぷく薬)の
オキノーム包(粉末)は

服用量が1包から2包へと
倍にするよう指示があった。


だけどこれでも
完全には抑え切れていないみたい。


今朝、食後に
オキシコンチン錠20咾魄貍服用し
ようすを見たけれど、なかなか
痛みが鎮静化しない。

で。

以前、処方してもらっていた
オキシコンチン錠5咾2錠と
とんぷくのオキノームも2包を
追加で服用し

いまなんとか
押さえ込めたようす。


抗ガン剤の効き目が切れている
ことも関係していると思うけれど

※抗ガン剤を投与すると痛みは軽減します。
 当たり前と言えば当たり前かもしれないけれど
 主治医からそういう説明は受けてない。

いまの処方内容では
ちょっと不安が残る。


できれば主治医に早々に相談したいんだけど
きょうは主治医は不在(学会だったかな)。

主治医でなければ
処方薬の変更はできないので
きょうは相談できない。


紹介状を受け取れるはずだから
最寄り病院の第二の主治医に
頼むしかないかな。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://fseminar.com/kgu/modules/d3blog/tb.php/5004
カテゴリ一覧
最新のブログ投稿
ブログのトップへ
最新のコメント
 
   Powered by XOOPS  Desinged by OCEAN-NET copyright (c) 2005 All right reserved.