fseminar.com KGU
ゼミ・フェイスブック・サイト ゼミ・コミュニティ・サイト


ホーム  ニュースニュース投稿  研究室中継  フォーラム  活動履歴履歴を書く  ぜみブログぜみブログを書く  ぜみつぶつぶやく  アルバム写真を登録する  カレンダー予定を書き込む  ダウンロードダウンロード登録  リンクリンクを登録する  ツイッターでつぶやく  フェイスブック  モンハン部 




 

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
注目企画!
インフォメーション
コミュニティ
就職活動
メンバー
授業
福田哲也
サイト内検索
リロード 新規 編集 差分 ファイル添付 リネーム   新規 トップ 検索 最終更新 バックアップ ヘルプ

Counter: 8463, today: 3, yesterday: 2
[Research theme]

From the character of cost accounting which is the central technique, management accounting has developed based on causal relationship construction between outcome (revenue and profits) and resources consumption (cost and expense), by dividing whole organization. However, such a special feature has caused the problem of dividing business process today. Disregarding the fact that each partial unit is intermediated by other partial unit(relationship), management accounting pursue the efficiency of the subdivided partial unit (individuality). It is my final subject of research to build the management accounting system which include "relationship" based on traditional "individuality."

Management accounting is a system of the information technology and theory which supports organization administration (a plan, execution, and evaluation). Although it is common to focus on a business firm in a research, I have been moving the object of research to a nonprofit organization recently. Because, the universal theory establishment of management and accounting can be made through the research of a nonprofit organization, I think. In other words, the phenomena such as profit pursuit and profit calculation mean a one thing which only caught a performance measurement. If we could establish the theory of nonprofit organization, we will explain business firm also.

<Management accounting technique which I mainly research>

  • Activity-Based Costing (ABC)
  • Balanced Scorecard (BSC)
  • Target Cost Management

【研究テーマ】

 管理会計はその中心的な技法である原価計算の性格から、事業全体の細分化による経営資源消費(原価・費用)の特定と成果(収益・利益)との因果関係構築を基盤に発展してきた。しかしこのような特質が、今日ビジネス・プロセスの分断、といった問題を招いている。細分化された部分単位の効率性を追求(個別性の重視)するあまり、各部分単位が他の部分単位に媒介されているという事実を無視(関係性の捨象)してきたことがその背景にある。「関係性」を軸に、伝統的に重視されてきた「個別性」をも包括した管理会計体系を構築することが最終的な研究テーマである。

 管理会計は組織管理(計画・実行・評価)を支援する情報技術・理論の体系である。その研究にあたっては対象を営利企業に定めることが一般的であるが、最近は営利組織体に研究対象の軸足を移している。というのは、経営および会計の普遍的な理論構築は非営利組織体の研究をもってなされうるのではないか、との考えによる。要するに営利追求や損益計算といった現象は、より多様な経営目的および業績測定のたんに一側面をとらえているにすぎず、非営利組織体の理論構築がなされれば、営利企業体の説明も可能であると考えるからである。

<研究対象としている具体的な管理会計技法>

【著書】

【論文】

非営利組織体における業績評価の課題 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第248集 2011年7月 12-23頁)

●生活協同組合会計基準の現状と課題 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
(『會計』第179巻第4号 2011年4月 56-70頁)

予算管理の再検討に向けて―「脱予算経営」の意味するもの― 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第242集 2010年1月 101-111頁)

社会福祉法人会計の現状と課題―事業の効率測定を中心として― 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済経営研究所年報』第31集 2009年3月 81-94頁)

時間主導型ABC(TDABC)の検討―Robert S.Kaplan and Steven R. Andersonの所説を中心として― 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第238集 2009年1月 125-138頁)

バランス・スコアカードの概念的検討―「4つの視点」間関係を中心に― 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第232集 2007年7月 46-64頁)

業績評価およびバランスド・スコアカード導入の実態調査 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済経営研究所年報』第27集 2005年3月 111-130頁)

管理会計と動機づけ―バランスト・スコアカード・アプローチを中心に― 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
(日本経営会計学会『経営会計研究』第3号 2003年10月 9-39頁)

花王蠅砲けるEVAマネジメント・システム 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第208集 2001年 7月 13-26頁)

ABCと関係性マネジメント
(日本経営会計学会『経営会計研究』創刊号 2001年7月 15-34頁)

日本的経営におけるEVAの意義
関東学院大学『経済経営研究所年報』第23集 2001年 3月 101-117頁)

管理会計における原価企画の意義 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済経営研究所年報』第22集 2000年 3月 145-157頁)

原価計算の発展過程におけるABCの意義 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
関東学院大学『経済系』第199集 1999年 4月 1-14頁)

TOCの展開とABCへの影響
(『立命館経営学』第36巻第3号 1997年 9月 55-74頁)

ABCとプロセス・マネジメント―Activity-Based Managementへの展開―
(『立命館経営学』第36巻第1号 1997年 5月 117-132頁)

資源消費モデルとしてのABC―理論の批判と展開、そして実務の見地―
(『立命館経営学』第35巻第4号 1996年11月 121-141頁)

ABCの構造とその革新性
(『立命館経営学』第34巻第5号 1996年 1月 225-252頁)

(専門外)
学習に向けた動機づけ昂揚と教育改革
関東学院大学『経済経営研究所年報』第29集 2007年 3月 50-59頁)

【学会報告】

●生活協同組合会計基準の現状と課題
(日本会計研究学会第58回関東部会 2010年12月4日)

バランス・スコアカードの概念的検討
(日本経営実務研究学会第5回全国大会 2009年9月26日)

管理会計と動機づけ―バランスト・スコアカード・アプローチを中心に―
(日本経営会計学会第3回全国大会 2002年10月26日)

●ホワイトカラー生産性測定の課題―活動ベース生産性測定への一試論―
(日本経営会計学会第1回全国大会 2000年5月20日)

【科研費】

●容器包装の分別収集・処理に係る拡大生産者責任の制度化に関する研究
(環境省廃棄物処理等科学研究費補助金(研究課題番号:K1717)2004年〜2005年)

【調査】

●業績評価方法およびBSCにかんするアンケート調査
(対象:東証一部上場企業[2004年2月1日時点] 期間:2004年2月1日〜同3月31日)

【テキスト・辞書】

●財務諸表から読み取る経営戦略 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
((『会計人コース』中央経済社 2011年7月号 62-64頁))

●『NPO法人会計基準』策定の背景とその特徴 全文:source_0.png SIZE:20x20(0.8KB)
(特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ『たあとる通信』第34号 2011年7月 5-10頁)

●『NPO法人会計基準完全収録版』(共著)
(会計基準協議会編 八月書館 2010年)

●『経営学がおもしろい』(共著)
関東学院大学経済学部経営学科編/齊藤毅憲監修 関東学院大学出版会 2010年)

●『はじめて学ぶ経済学・経営学』(共著)
関東学院大学経済学部編 東洋経済新報社 2007年)

●『マーケティング用語辞典(日経文庫)』(共著)
(和田充夫・日本マーケティング協会編 日本経済新聞社 2005年)

●『日本のいまを知るILLUSTRATION経済学・経営学』(共著)
関東学院大学経済学部編 東洋経済新報社 2003年)

【公開講座】

●ショートケースで学ぶ管理会計―価格戦略の短期的および長期的評価―
関東学院大学 2005年度春期公開講座 2005年6月22日)

財務諸表から読みとる企業の経営状態―経営破たんの兆候はどこにあわれれるか―
関東学院大学 2003年度春期公開講座 2003年6月14日)

【コンサルタント】

バランス・スコアカード

バランス・スコアカード・マネジメント
バランス・スコアカード導入を検討中の事業組織へのコンサルタント教材)

「日本マクドナルド―低価格戦略の推進―」
バランス・スコアカード導入を検討中の事業組織へのコンサルタント教材)


添付ファイル: filesource_0.png 486件 [詳細] filesource.png 495件 [詳細]

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 
   Powered by XOOPS  Desinged by OCEAN-NET copyright (c) 2005 All right reserved.